私の司法書士試験 体験記4

2023 - 06 - 30
2023年6月30日のNISA口座の携帯画像

【きょうのNISA口座】

日経平均 33189.04 -45.10

日本郵政 6,750円 +4.5

資産総額 1,554,750円 +6,750

現在損益 +371,250円 +6,750

※3月末を過ぎると、毎年75,000円の配当です

何となくでも構わないので、全肢読まずにガンガン進め

合格ラインの受験生は
午前の部の時間はムチャクチャ余ります。

厳しいことを言わせてもらうと
午前の時間が余らない受験生は合格できません。

わたしは模試・本試験の午前の部において、少なくとも40分以上を余らせて一通り解き終わっていました。

合格する受験生の午前の部は
3~4周ぐらいの見直しをするはずです。

見直しと言っても、3周目以降は全てを見直すのではなく、気になる問題だけを見直す感じです。

「全肢読まずにガンガン進め」のメリットは下記の3つです。

  1. 勢いがつく
  2. 安心できる
  3. ケアレスミスに気づきやすくなる

勢いがつくについて…
ガンガン飛ばしていくと、どんどん気持ちがハイ(高揚)になります。

「シーケンズ・ハイ」と勝手に呼んでいます。

深夜の高速道路で
スピードを上げてブッ飛ばす感覚です。

普通のスピードで問題を解くよりも
「あとで見返せばいい…」と気が楽になりプレッシャーが減ります。

ガンガン飛ばす自分に酔いしれて
解くのが楽しくなっていきます。

2つ目の安心できるについて…
一応、最後まで回答を埋めたことによって安心できます。

時間に余裕があるので、見直しの精度が上がります。

3つ目のケアレスミスについて…
すこし時間をおいて、再度、再々度、触れることによって、気づきの可能性が高くなります。

深夜に送ったラインを朝に見返して「何であんな恥ずかしいメッセージを送ったんだろう」となる状態です。

少し時間を置くことによって、問題文や肢の読み方の間違いに気づきやすくなります(正しい問題を選べ・誤りを選べ等)。

明日は仕事があって
ブログ更新できないかもしれません。

そんなわけで今日をもって
「司法書士受験生への激励ブログ」は最終回といたします。

いままでありがとうございました。

2日後の本試験 受験生の皆様
ガンバレ ガンバレ ガンバレ ガンバレ
ガンバレ ガンバレ ガンバレ ガンバレ
ガンバレ ガンバレ ガンバレ ガンバレ

【司法書士受験生の皆様へ】

司法書士は素晴らしい資格です。

この資格のおかげで、私の人生は180度変わりました。

下記リンクが、司法書士カテゴリーの一番最初の投稿です。

司法書士受験生の応援ブログを始めました