司法書士の営業 
ホームページのみ ネット集客のみでOK

2024 - 01 - 23

話が長くなるので、まずは結論を先に言います。

結論、司法書士はホームページのみによる、ネット集客のみで生きられます。

もちろん「生きられる」という定義は、人それぞれであって…

  • 年収1,000万円を目指し司法書士になった人
  • 派遣・非正規・無職から司法書士になった人

上記2者の「生きられる」の定義は、きっと違うはずです。

わたしは前者の
年収1,000万円を目指して司法書士になっていません。

このブログでは、後者(派遣・非正規・無職から司法書士になった人)について話します。

ネット集客で生きていくためには
「見やすさ」と「SEO(検索順位性)」を高めたホームページの作成が必要不可欠です。

当事務所のホームページは
WordPress(ワードプレス)で作成しています。

業者を頼らず
自分で作成して、自分で更新・保守点検をしています。

わたしは全て自分でやっていますが、経験のない人が自らワードプレスで作成するのは、ぶっちゃけ厳しいです

ワードプレスには「テーマ」というテンプレートが存在しています。

このテーマは英語に合わせて作られています。

単に日本語を入力して、ホームページを公開すると、バランスの悪い、おかしなホームページになります。

士業がワードプレスを使って、ホームページを作成する場合、phpとcssというファイルを書き換える必要があります。

phpとcssを書き換えるためには
プログラミングの知識を学ばなければなりません。

司法書士試験の学びに比べたら楽チンですが、それなりに大変だと思います。

ホームページの作成はプロの業者に任せましょう。

わたしは自分で作成していますが、前職でホームページを作らなければならない仕事をしていました。

そんなわけで、最初からプログラミングの知識があったので、自分で作成しました。

プログラミングの学習よりも前に、開業司法書士として「やらなければならないこと」「学ばなければならならないこと」が数多くあります。

繰り返しになりますが
ホームページの作成はプロの業者に任せましょう。

やっぱり長くなったので、次の投稿に続きます。

【司法書士受験生の皆様へ】

司法書士は素晴らしい資格です。

この資格のおかげで、私の人生は180度変わりました。

下記リンクが、司法書士カテゴリーの一番最初の投稿です。

司法書士受験生の応援ブログを始めました