12月16日

2022 - 12 - 16
2022年12月16日のNISA口座の携帯画像

【きょうのNISA口座】

日経平均 27527.12 -524.58

日本郵政 1,057円 -12.5

資産総額 1,586,250円 -18,750

現在損益 +402,750円 -18,750

※3月末を過ぎると、毎年75,000円の配当です

欧州経済の不透明感により暴落しました。

まぁ、配当目的のNISAなんでヘッチャラです。

それよりも
新潟市江南区で雪が積もらなくてよかった。

よかった よかった。

【NISAについて】

趣味と実益を兼ねてNISA口座で株式投資をしています。

狙っている銘柄は「安定株・高配当株・自分の生活に密着している株」です。

夕食のあと緑茶を飲みながら、その日の相場をながめる。

わたしにとって、人生における楽しみの一つです。

投資手法は「80歳までほったらかし」による配当目的。

昔はスイングトレードをしていましたが、司法書士試験に合格して手法を変えました(スイングをやる時間が無くなった)。

スイングをやめた現在、保有しているのは「一般NISA」と「優待目的の株」のみです(司法書士研修・開業準備でおカネが消えた)。

もしどこかで機会があって、NISAをやっている投資家さんとつながれたら嬉しいです。

【当所の宣伝】

とうじょう司法書士事務所を開業しました。

うまれ育った町で役に立てれば幸いです。

場所は新潟市江南区で、遺言と相続に関する相談に力を入れます。

「遺言と相続」と「相続と遺言」どっちの順番で表記しようか悩みました。

多くの司法書士事務所では「相続と遺言」の順番で表記されています。

わたしも周りと同じく「相続と遺言」の順番で表記しようと思いました。

でも、わたしは正しい順番で表記したい!

正しい事実発生の流れとしては、遺言書をのこしたり、遺言書の効力が発生したりして、はじめて相続手続きができるようになります。

つまり最初に「遺言」があって、その次に「相続」なのです。

ぶっちゃけ「相続」のほうが圧倒的に仕事になりやすいので、「相続」を先に表記する考えもあるのでしょう…

閑話休題。

宣伝の一つとして、このウェブサイト立ち上げました。

開業準備と同時進行で、あいさつ回りをさせていただきたいと思います。

ご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

相続登記・相続放棄・遺言書作成・不動産登記
新潟市江南区とうじょう司法書士事務所へ